欠損部の審美的機能的改善の解説

ホーム>欠損部の審美的機能的改善

欠損部の審美的機能的改善

欠損部の審美的機能的改善

治療の特徴

左側の写真をご覧ください。インプラント治療を行った歯はどれかおわかりになりますか?右側の写真にしるしを付けましたが、実は歯肉の下の見えない部分にはインプラントが入っているのです。外からは天然の歯とほとんど変わらない美しい仕上がりです。インプラント治療の最大の特徴は、天然の歯と変わらない見た目と機能(噛む力)を回復することができることにあります。

見た目が綺麗で自然な仕上がり

顎の骨に埋め込んだインプラントに白いセラミック歯をとりつけますので、インプラントを入れていることに全く気付かれないほど自然な見た目に仕上げることができます。
最近では、審美的な目的のためにインプラント治療をご希望される患者様も多く来院されております。

天然の歯に近い機能(噛み心地)

顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込むインプラント治療は、失われた歯の根を人工的に補うことができます。チタンは生体となじみの良い金属ですので、骨の組織と完全に結合して人工歯根としての役目を果たします。
ブリッジ治療や入れ歯治療とは異なり、天然の歯に近い形態となりますので、噛み心地などの機能性も天然の歯と同じような状態まで回復できることが、インプラント治療の最大のメリットです。

顎の骨や歯肉(歯茎)が痩せにくい

歯肉の上に被せる入れ歯は、顎の骨を過度に圧迫して、顎の骨と歯肉をやせさせてしまうことがあります。インプラント治療なら、顎の骨や歯肉に不自然な力がかかりませんので、顎の骨や歯肉がやせにくく、審美性を長く維持できるというメリットもあります。



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional